「助けたいんだ。」

そう言って握った小さな手の中には

「何?」

「鍵。だよ。」

笑った。ように見えた。

「じゃ、行ってくるね。」

向けられた背中はとても大きく感じた。


読む